IMAGINAS_TOP

今週のキーワード「お帰りなさい私」

印刷する

「回帰」があらゆるところで巻き起こっています。それは余剰をそぎ落として、シンプルな位置に立ち返る姿であり、個人的に好きだったものに移っていこうという表れだといえます。かつて高度成長期は、経済行為が優先され、合理的な事業活動が主軸となってしまっていました。そのモデルも西洋文化に偏ったもので、他者に価値を見出していました。それが今、自分たちのところに戻ろうとしています。それは日本に限らず、アメリカやヨーロッパにおいても自分自身への回帰が見られます。それは、いわばナショナリズムが台頭しているとも受け止められます。この傾向は良い意味で、自分たちの良かった時代を渇望している姿ともいえます。日本に対する武士道や日本の風習が見直されている世界の流れを汲んで、一歩前に踏み出していきましょう。すると、相対する価値観も顕在化していきます。つまり、誰かの価値観にあわせるのではなく、個々が持っている価値観に寄り添うことが大切です。それが生活者自身にとっても自由時間を取り戻し、新しい地球社会の創造へとつながっていくのです。

株式会社ジャパンライフデザインシステムズ
代表取締役社長 谷口正和

▶︎ イマジナスの情報分析について

この記事をシェアする。

過去の記事

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、