IMAGINAS_TOP

今週のキーワード「シンク・ハピネス」

印刷する

物から質へと言われ始めて久しい中、ますます幸福研究の重要性を説いた言葉です。今後、何を最も重要な価値としているのか。その原点は、心と重なることです。それは、家族と過ごす光景や友人と高い共感の中で育まれるものです。つまり、素敵な体験を分かち合えることです。核家族化の進展から独居老人が社会課題として浮上してきました。この解決の糸口は地域社会で相互に助け合うことでしょう。いわゆる地域家族の思想です。子育ても地域家族の中で支え合いながら小さな生活単位として村というコミュニティを形成していくことが求められています。ここに金銭的なやり取りは不要です。地域家族という源流を今こそ、立ち上げる時だといえるでしょう。この理想にも近い、幸福の風景は必ず実現していきます。その兆しとしてすでにシェアエコノミーとしてあらゆる場面で登場しています。この家族としての本質を伴った共感軸は個人だけではなく、都市開発の一翼まで担うはずです。価値のクロスポイントは、働き、暮らし、死ぬという場所すべてが内包されています。この幸せを考えることの重要性を改めて問いたい。

株式会社ジャパンライフデザインシステムズ
代表取締役社長 谷口正和

▶︎ イマジナスの情報分析について

この記事をシェアする。

過去の記事

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、