IMAGINAS_TOP

今週のキーワード「未来の始め方」

印刷する

main

未来に軸足を置く時、過去の成功によって得た知見は足かせとなります。小池百合子氏が都知事選挙で大差をつけて圧勝しました。ここに戦略性を見つめていくこと自体、過去の古めかしい価値観に縛られています。都民が選択したものは、直感によって捉えた未来に対するインパクトです。これに対して、組織的な判断による分析は、芽吹いた未来判断を覆い隠してしまい、混沌と閉塞感の中に身を置くこととなるでしょう。今一度、情報社会の本質を考えていけば、学習によって磨かれた感性が生活者の価値観を作り上げています。それは、すなわち直感によって未来が切り開かれていくのです。どのような世界においても限界はやがて訪れます。それを果敢に突破していくことで、イノベーションが起こるのです。時代を読むということは、業界の損得で見るのではなく、変化が流れ込んでくる潮目を見るということです。世界の風を捉え、時代の先陣を切って駆け抜けていくというスタンスであなたの事業を見つめなおせば、新しい思考法が生まれてきます。「未来」をはじめる方法を編み出していきましょう。

株式会社ジャパンライフデザインシステムズ
代表取締役社長 谷口正和

▶︎ イマジナスの情報分析について

この記事をシェアする。

過去の記事

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、