IMAGINAS_TOP

今週のキーワード「Genius make」

印刷する

main

天才を作ること、それは優れた投資と回収となります。未来を創るのは人です。類まれな才能を持つものが未来を切り開いていくのです。その才能が個性であり、オリジナリティとなって独自性となります。情報社会の今、その秀でた才能は、世界を揺るがすほどの圧倒的なニュースソースとなります。テニス・プレーヤーの錦織圭選手の世界的な活躍によって、テニス人口が急増しました。こうした秀でた才能が生まれると、一挙に市場が広がっていきます。それをマーケティング発想で見ると、まさに憧れの存在となる目標が可視化されることで、全体の興味関心が傾倒し、感性アプローチが未来を切り開いていくのです。偉才、天才という特徴個性を顕在化させる行為を事業レベルで実践していくことで選ばれる理由の強化となります。裏を返せば、違いを創造すれば企業に限らず、国、都市、そして個人宅であっても「天才」となれるチャンスがあるのです。突き抜けるために果敢に勇気と自信、そして粘り強さを持つ必要があります。それがすべてのエンジンです。21 世紀のビジネスモデルとして、何らかの天才づくりに寄与することが求められているのです。

株式会社ジャパンライフデザインシステムズ
代表取締役社長 谷口正和

▶︎ イマジナスの情報分析について

この記事をシェアする。

過去の記事

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、