title1

【カオスの時代の未来学 1/3】活かし合う消費の形 共有経済の台頭

印刷する

今、消費の形が大きく変わろうとしている。モノを持たない考え方が広まり、モノを所有する価値よりも、モノを使用する価値に注目が集まっている。新しい価値観を拡大させるシェアリングエコノミーの現状に、データやインタビューを基に迫る。

再利用を可能にさせた、エコロジーマーケット
従来の経済の枠組みに対して、門戸を開き、課題解決のためのマッチングサービスを活性させているシェアリングエコノミー。その広がりは留まることを知らず、まさに新しいサクセスマーケットを形成している。自分が所有しているものを独り占めするのではなく、他人に貸し出し、お互いが使用していく消費の形は、共同使用の場を実現している。これは、街の道路を皆で共有しているような感覚であり、パブリック財に近い認識論である。また、自分がいらなくなったものをゴミに出さずに、必要としている人に手渡す構図は、フリーマーケットにも通ずるものがある。従来、個人の所有財だったものを社会財化させることで、個人にとってはいらなくなった〝ゴミ〞であったモノに、もう一度価値を与えるのだ。
 一つの財を皆で分かち合うことで、ロスを失くし、活かし合う社会を実現する。日本でも流通段階から売れ残りや不良在庫は存在し、あらゆる場所でブランドの価値や鮮度を守るために、処分されている。新品でありながら、最初から不良在庫が存在する現在の社会から脱却するために、実は重要となってくるのがシェアリングエコノミーという考えだ。ようやくエコロジーソサイエティーを実現するための、基本プログラムとして稼働し始めたのだ。

21世紀における、最も重要なファクター
 新しい価値が稼働し、高速にネットワークが構築されつつある。自分の持っているモノや場所、時間、友人のネットワーク、また経験財といわれる体験さえも、活かし合うことが可能となってきた。お互いが活かし合う社会の創造は、最も優れた、原価のかからない再利用を実現してくれる。また、C to Cであることにシェアリングエコノミーの非常に強い原点がある。回数化させて広がっていく中で、助け合う地域社会の構造が生まれていくはずだ。この消費の形は、21世紀、最も重要なファクターになっていくだろう。
 その視点から社会が動き出している現代、そのスタートアップを手伝うのはデザインやマーケティングの重要な仕事になっていく。足元にある財を見つけ、不要物に存在する価値を見出し、再利用し合う社会を実現していくのだ。

002

価値のあるものや共同利用できるものは、すべてシェアリングエコノミーの対象である。今後も領域は拡大していくことが見込まれるが、現在の代表的なカテゴリーは下記の5つだ。国家戦略特別区域で旅館業法の特例が施行され、空きスペースのシェアリングサービスが成長すると見込まれるなど、各領域、それぞれ発展が予想される。矢野経済研究所調べによると、国内の市場は2018年には2倍の市場に拡大すると見込まれ、今後も高い成長率で推移すると予測されている。消費の形が変化していく今、必要とされるモノやコトは何なのか。注目を集めるこの事業こそ、今後の流れを紐解く上で重要になるだろう。

002

001

car
乗り物【タクシー/自転車/配送車】
日本でも比較的早くから展開され始め、5つのカテゴリーの中で最も市場規模が大きいシェアリングエコノミー。公共交通を担ってきた既存のタクシーやハイヤーにとっては、ライドシェアは脅威。

space
スペース【駐車場/個人宅/空き家】
都心の駐車場や宿泊施設の不足という社会的課題を解決するスペース提供が増加中。特に民泊事業は2020年に向け、大田区が国家戦略特区として全国に先駆けてサービスを開始するなど、拡大が予測される。

mono
モノ【洋服/アクセサリー/傘】
ミニマリストの流行でも分かる通り、モノを所有せず、必要なときにだけ使いたいというニーズを満たすシェアリングエコノミーが人気。新しいモノとの出会いは、わくわくする体験を求める世相ともマッチしている。

money
マネー【ソーシャルレンディング/クラウドファンディング】
個人間でのお金の貸し借りや、自分のアイディアへの出資者を募ることが可能となり、より個人が起業しやすい時代になったと言える。新しい価値観や技術、サービスの生まれる速度も速まるだろう。

hito
ヒト【スキル/趣味/隙間時間】
個人間コミュニケーションのインフラが確立し、能力さえあればどこでも働ける時代が到来した。シニアや女性の労働力が期待される中、場所や時間に縛られずにスキルを活かせるサービスは今後発展していくだろう。

この記事をシェアする。

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、