bunkei1705

文化経済研究会 5月18日(木)研究テーマ 「未来社会の可能性」

印刷する

■第1部講師
「100年後のアート 表現の可能性」
メディアアーティスト 筑波大学助教
落合 陽一氏
youichi ochiai0316

1987年東京都生まれ。東京大学で博士号取得。2015年より筑波大学助教現職。映像と物質の垣根を再構築する。代表作に、フェムト秒レーザーを用い空中に絵を描く「フェアリーライツ」、音の力を用いて物体を浮かせる「三次元音響浮遊」などデジタルネイチャーと呼ばれるビジョンに基づき研究に従事。World Technology Award 2015年、世界的なメディアアート賞であるアルス・エレクトロニカ賞受賞など、国内外で受賞歴多数。アートとITを組み合わせ、芸術の意味を再定義する氏の試みとは。

■第2部講師
「21世紀の生き方 多様性を超えて」
作家 クレヨンハウス主宰
落合 恵子氏
ochiai squere0316

1945年生まれ。元文化放送アナウンサー。執筆と並行して、東京、大阪に子どもの本の専門店クレヨンハウス、女性の本の専門店ミズ・クレヨンハウス等主宰。総合育児雑誌『月刊クーヨン』、オーガニックマガジン『いいね』発行人。『質問老いることはいやですか?』(朝日新聞出版)など、子ども、高齢者、女性、社会が「障がい」と呼ぶものがあるひとなど、社会構造的に「声の小さい側の声」をテーマにした作品多数。年齢を重ねることを価値付ける氏の考えに、今後の超長寿社会の課題と解決を学びます。

日 程
2017年5月18日(木)
14:00~17:00(受付は13:30より)

場 所
アイビーホール青学会館 2階「ミルトス」
東京都渋谷区渋谷4丁目4番25号

スケジュール
第1部/落合 陽一氏 ご講演 14:00-15:10
第2部/落合 恵子氏 ご講演 15:20-16:30
第3部/谷口 正和  講演 16:30-17:00

参加料について
■セミナー参加料
お一人様 2万円(税別)
■基本会員/年会費
12万円(税別)
会員特典
1) 定期セミナー年6回参加 ※毎回セミナー、社内2名様まで参加可能
2) 研究会マーケティング会員誌『ライフデザイン』年6号分購読
3) 谷口正和著書無料贈呈
(ご希望の著書2冊と会員期間に発行される全著書)
■メディア会員年間費
3万円(税別)
会員特典
1) 研究会会員誌『ライフデザイン』年6号分購
2) セミナー年1回参加無料
(ご希望のセミナーを自己申告ください)

お申し込みについて
■下記宛先までメールまたはお電話、FAXにてお申し込みください。
■お申込〆切日
 2017年5月10日(水)

■お申し込み、お問い合わせ、
 株式会社ジャパンライフデザインシステムズ
 文化経済研究会 企画運営事務局(担当:長谷川)
 TEL:03-5457-3048  FAX:03-5457-3049
 bunkaken@jlds.co.jp

文化経済研究会とは
img_photo

21世紀を牽引するものは「文化」です。

文化が発生して、その後に経済が起こる。この文化経済の時代の重要な認識は、今までの経済優先の発想を越えられるか、ということです。過去の大企業主義、シェア至上主義は音を立てて崩れつつあります。小さくても志を持って立ち上がり、自分たちのミッション、フィロソフィー、ポリシーをあくまでも貫き、従来の提供者論理を切り捨て、真の顧客主義に立った企業だけが存在を許される時代です。人も企業も個性が連鎖して新たな変化の潮流を引き起こす21世紀。未来社会経済学ともいうべき視点から、変革をリードする企業および起業家からその発想と戦略を学びます。

taniguchi-icon

文化経済研究会 主宰
株式会社ジャパンライフデザインシステムズ
代表取締役社長 谷口正和

この記事をシェアする。

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、