LDJ_niwa_new

気持ちを突き動かす「ファッション化」の未来 浜野安宏

印刷する

人類は都市文明によって、欠乏から解放されました。人類は欲望のまま生きていく自由を手に入れました。次に何をしようかという変化を生み出すのが欲望です。それを「ファッション」と表現し、現代社会をファッション化社会と呼んでいます。そして、変化が産業を育てていきました。だから、すべての都市はファッション都市となるような言い方をしています。
私も含め、古い社会体質の中では自分の個性というか、願望をもっと強く表に出して創造的に生きたいが、それを抑えて生きていかなければなりません。私の場合、その葛藤を釣りで代替えしてきました。しかし、本当は自分を表現したかったのだと思います。それは、祇園の高級お茶屋でランチを始めた若女将や泉岳寺の建築紛争で立ち上がった女性、みんな自分を表現したいと思っているのではないかと思います。たまたま私の場合、それが映画でした。私が表現したかった世界観を『さかなかみ』であらわしたのです。
その根底にあるのは、一人ひとりが熱意を持って何かに打ち込めば、必ず誰かの気持ちを突き動かすことになるという想いです。混沌とした今の日本社会を見ていると、その熱意がどこか冷め切ってしまっているように感じてしまい、残念に思えてなりません。誰もが「ファッション化」していける社会になってくれることを願っています。
[2015年8月1日発行『構想の庭』第1号 再録]

_MG_4074

浜野安宏(はまのやすひろ)
1941年、京都生まれ。株式会社浜野総合研究所代表取締役社長。FROM-1st、東急ハンズ、AXIS、QFRONT、青山AOなどを総合プロデュース・商業コンサルタント、その他多数プロデュース。昨年、初の映画監督作品「さかなかみ」を公開。著書に『ファッション化社会』『質素革命』『浜野安宏想いの実現』ほか多数。

LDJ_niwa_new17

LDJ_niwa_title-18

定価:1,000円+税
判型:新書判 並製本  総頁数:304頁
発行:LIFE DESIGN BOOKS

情報社会から「情緒社会」への転換 /月尾嘉男
気持ちを突き動かす「ファッション化」の未来 /浜野安宏
ノックしないドアは開かない /水野誠一
日本の滅び方 /上野千鶴子
「社会構想」というアポリアを抱きながら /望月照彦
プラチナ社会への挑戦 /小宮山宏
「おもろいこと」が世界を変える /山極壽一
微力だけど、無力じゃない。/田中康夫
水の国を考える /嘉田由紀子
「移動と交流」が開く新時代 /寺島実郎
「多様性」の再検討と社会的イノベーション /井関利明
ファインダー越しに見える「美」のエネルギー /遠藤湖舟

BLOG_shin_amazon

この記事をシェアする。

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、