LDJ_niwa_new

ノックしないドアは開かない 水野誠一

印刷する

今こそ、もう一度、経済概念を見直す時が来ていると思います。きっと、誰もがあらゆるところで矛盾があることを頭ではわかっていると思います。しかし、根本的な部分を腹でわかっていないと本当の理解は得られません。そこから脱却できないのは、過去の成功体験が邪魔をしているからでしょう。その成功体験を捨てることが大切なことです。
 成熟期には「似て非なるものが通用しない」という特徴があると思います。しかし、たとえば、シニア向けの商品開発を行っている企業は、蓋を開けてみるとほとんど「似て非なるもの」です。その上で、今、戦略、構想、マーケティング、ターゲッティング、それらすべてに「したたかさ」が求められます。シニアを対象にした商品も、コピペした商品であれば、すぐに見抜かれてしまいます。その本物であるかどうかという違いは、とても感覚的なことですが、それが今、強く求められていることです。
 私の妻の台詞で印象的な言葉があります。私がアイデアを話したり、批判したりする言葉を聞いて「ノックしないドアは開かない」と言われました。結局、何事も自ら実践していかなければならないということです。しっかりと行動に移し、社会を自ら変えていくという気概を持っていくことが何よりも大切なことなのです。
[2015年8月1日発行『構想の庭』第1号 再録]

_MG_6061_1
水野誠一(みずのせいいち)
1946 年東京生まれ。西武百貨店社長、米国ネットスケープ・コミュニケーションズ社顧問、慶応義塾大学総合政策学部特別招聘教授を経て、1995 年参議院選挙に当選。同年(株)インスティテュート・オブ・マーケティング・アーキテクチュア(略称:IMA)を設立。現在、地域と流通企業のブランディングプロデュースを手がける。

LDJ_niwa_new17

LDJ_niwa_title-18

定価:1,000円+税
判型:新書判 並製本  総頁数:304頁
発行:LIFE DESIGN BOOKS

情報社会から「情緒社会」への転換 /月尾嘉男
気持ちを突き動かす「ファッション化」の未来 /浜野安宏
ノックしないドアは開かない /水野誠一
日本の滅び方 /上野千鶴子
「社会構想」というアポリアを抱きながら /望月照彦
プラチナ社会への挑戦 /小宮山宏
「おもろいこと」が世界を変える /山極壽一
微力だけど、無力じゃない。/田中康夫
水の国を考える /嘉田由紀子
「移動と交流」が開く新時代 /寺島実郎
「多様性」の再検討と社会的イノベーション /井関利明
ファインダー越しに見える「美」のエネルギー /遠藤湖舟

BLOG_shin_amazon

この記事をシェアする。

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、