LDJ_niwa_new

「移動と交流」が開く新時代 寺島実郎

印刷する

 日本は今、2048年までに人口が1億人を切り、その4割が65歳以上の高齢者という「異次元の高齢化社会」の入り口にいます。加えて、帰属していた会社組織を失い、孤立の中に陥る都会の高齢者問題も深刻です。そこで、都会で暮らす高齢者を社会的に参画させる仕組みづくりを提案していきたいと思っています。そこで着目したのが、「移動と交流」です。これは外国人を相手にした観光のみならず、日本全体の活力を活性化させていくためにも、大切な視点だと思っています。
 そもそも移動とは、自分が過ごしてきた時間とは別の時間を過ごしてきた人との出会いから刺激を受け、知恵を身に付けていける行為だと思っています。つまり、空間を移動することで経験できる非日常の体験こそが移動と交流の本質だと思っています。
 その視点からインバウンドの施策を見ると、残念ながら「爆買い」に頼り切ってしまっています。移動と交流にもっと付加価値をあたえ、ハイエンドのリピーターを確保することが大切です。その付加価値として日本固有の歴史や産業というコンテンツがふさわしいと思っています。そして、それぞれが点としてだけではなく線から面へとつながりある構想力を持ってビジョンを描いていくことが求められていると思っています。
[2016年4月1日発行『構想の庭』第2号 再録]

_MG_7158

寺島実郎(てらしまじつろう)
1947年北海道生まれ。73年早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了後、三井物産入社。米国三井物産ワシントン事務所長を経て、99年三井物産戦略研究所所長。2001年日本総合研究所理事長、09年多摩大学学長。現在、社会問題をテーマにBS11で毎週金曜日21時~「現代ビジネス講座 世界を知る力」を放映中。

LDJ_niwa_new17

LDJ_niwa_title-18

定価:1,000円+税
判型:新書判 並製本  総頁数:304頁
発行:LIFE DESIGN BOOKS

情報社会から「情緒社会」への転換 /月尾嘉男
気持ちを突き動かす「ファッション化」の未来 /浜野安宏
ノックしないドアは開かない /水野誠一
日本の滅び方 /上野千鶴子
「社会構想」というアポリアを抱きながら /望月照彦
プラチナ社会への挑戦 /小宮山宏
「おもろいこと」が世界を変える /山極壽一
微力だけど、無力じゃない。/田中康夫
水の国を考える /嘉田由紀子
「移動と交流」が開く新時代 /寺島実郎
「多様性」の再検討と社会的イノベーション /井関利明
ファインダー越しに見える「美」のエネルギー /遠藤湖舟

BLOG_shin_amazon

この記事をシェアする。

LIFE DESIGN JOURNAL MAIL SERVICEは、タイムリーな情報満載のメールマガジンのお届け、さらに購読者限定のスペシャルプレゼントや、イベント・セミナーへのご招待など様々な特典を提供するサービスプログラムです。メールアドレスの入力のみで登録が可能です。

プライバシーポリシー に同意して、